スタッフより

堂々とした姿に -外来看護師 熊谷-


2012年07月06日

堂々とした姿に -外来看護師 熊谷- 2012.07.06
先日、娘の運動会がありました。今年は年長ということで、去年よりもすごく気合いが入っているようでした。

毎日の練習も頑張っていた様子で、家に帰ってきては“今日、とび箱とべたよ!!”や“なわとびができたよ!!”とうれしそうに教えてくれました。

どれだけの出来かなんて分からないため、当日はドキドキして見ていました。が・・・・・・・とび箱(6段)が成功した瞬間、思わずカメラをおいて拍手をしていました。拍手

なわとびも上手にとんでいて、普段みることのできない娘をみることができ、とても感動し、涙が出てきました。号泣

その他の、徒競走に玉入れ、つなひきも頑張っていました。

私がとても楽しみにしていたのは“よさこい”です。みんなをまとめるための号令係を娘がやると聞いて、本当に大丈夫なのかと緊張してみてましたが、娘はしっかりした態度でみんなに号令をかけて、きちんと踊りを成功させることができました。

親の前ではあまり言うことの聞かない娘ですが、親から離れて行動をすると、親が心配するよりもしっかりやっているんだなぁと実感させられました。保育園の 仲間と“よさこい”に“バルーン演技”をとても楽しそうにやっている娘をみて、こんなに立派に成長したんだと思い、またもや涙が・・・・泣き笑い

運動会終了後、娘をたくさんほめてあげました。

この時を楽しみにしていたのは、私だけではありません。去年他界した私の母もこの日をとても楽しみにしていました。が、叶わず残念でした。でも、会場のどこかで笑いながら見ていたのではないかと思っています。

娘の堂々とした姿に感動させられ、これからの成長も楽しみになってきました。
これからも仕事に子育てと大変ですが、楽しんでやっていきたいと思いました。

外来看護師 熊谷でした。

コチラの記事もおすすめ