スタッフより

『豆まきからいろいろな芽』   ~病棟 I・Mことあーたん~


2018年02月12日

 2月3日節分当日は、TVに秋田の「なまはげ」が何度も現れ我が家の孫ちゃんは、画面に出るたびに目を手で覆い『ギャ~ッ!!』と逃げていました。

 

 

 夜あまり早く寝てくれない時は、「昔・昔あるところに・・・・」と赤鬼さんと青鬼さんの話をして「悪い子はイネガー!!寝ない子はイネガー!!」と言って寝かしつける日もあり、子供は鬼とは恐ろしい存在ということを自然に覚えていくんですネ。

 しかし、鬼の身になってみれば何の悪いことをしたのか身に覚えのない事かもしれないと思い、最近は良い鬼さんもいるんだよ!と、教えています。

 

 将来世界に羽ばたくようになれば、グローバルな目や意識を養う必要があります。

人種差別せず、万人に平等に接することが出来る人間になるために、鬼にも良い鬼がいるから優しくしてあげるんだよ!と、言い聞かせることも大切だと思う、子育て真っ最中。

スタッフ

 話は広がり過ぎましたが、豆は数え年の数を食べるもんだと教えると孫ちゃんは

「4コだよネ」と言いながら、何度かお代わりをしては「4コずつ食べればいいんだよネ」と知恵を働かせていました。

 

 私は、53個も一度に食べることは出来ず途中でギブアップ!!

女性ホルモンが返照してきてる為、大豆イソフラボンは大切!!

少しずつ食べていこうと思うけど、92才までの寿命の予定なので93個食べられるか、今から心配しています。

 

 P・S 弘前市の鬼沢地区では、豆まきをしません。

    鬼神社というのがあり、良い鬼がいるそうで「鬼に金棒」というお守りがあり

    3回振ると願い事が叶うそうですヨ。

 

        ~病棟 I・Mことあーたんでした~

コチラの記事もおすすめ