助産師より

「母乳育児とは」


2013年05月16日


母乳育児外来

当院では、母乳育児を応援しております。
母乳育児は、赤ちゃんにとって、理想の栄養源です。

◎赤ちゃんにとって、母乳は―

・免疫が多く、赤ちゃんが病気になりにくい
・アレルギー予防になる
・認知能力を高める
・最適な栄養で、消化・吸収に優れている
・赤ちゃんの顔の筋肉を発達させ、あごを強くする
・いつも新鮮・適温・清潔
・乳幼児突然死症候群になりにくい
・タッチング効果で母子の絆が深まる

その他、気質―性格をつくるいい影響があったり、知能指数にも影響があるといわれています。


お母様にとって、母乳育児は―

・妊娠前の体重に戻りやすく、知らずうちにダイエットになる。
・ミルク代がかからず経済的
・タッチング効果で、母子の絆が深まる
・ストレスを軽減させ、精神的安定をもたらす
・排卵を抑制する
・乳がん、卵巣がん、子宮体がんの罹患率を低下させる。
・閉経後の骨粗しょう症を減らす

―など、いいことがいっぱい!!

そのため、当院では、妊娠期間中からお産後入院中、退院後の2週間後チェック、一ヶ月健診、母乳外来と、長期的に乳房管理を行っております。

次回は、母乳育児成功のためのポイントをお伝えしましょう。

コチラの記事もおすすめ

「当院のお産」 - 2012.10.16
「母乳育児とは」 - 2013.5.16
『おひさま』 - 2017.6.10