院長より

産婦人科学会にて 


2013年05月01日

第65回日本産婦人科学会が、札幌市で5月10日・11日・12日に開催されました。総演題数として、1.700題を超える応募がありました。

東北の桜の満開時期が終わり、そろそろ北海道辺りに桜前線かと思っておりましたが、札幌市が低温状態にあり、例年よりさらに開花が遅れるとの予想でした。

新聞紙上で騒がれている陣痛促進剤の使い方、周産期出生前診断、男性・女性不妊症の実態を中心にして、国内外のOB&GYNのDrが集結し討論、応答を行いました。

その中で、ワークショップでは3題、高得点演題5題、英文発表10題、英文ポスター10題の優秀演題を表彰しておりました。これからの産婦人科の飛躍に期待するためと思われます。

また今回のスローガンは、「羽ばたけ、世界へ未来へ」という言葉で表現しておりました。

日本よりまたノーベル賞受賞を夢見てのことでしょうか?

コチラの記事もおすすめ

『八戸の朝風呂』 - 2018.8.20