院長より

より良い社会を目指して - 2012.07.01


2012年07月01日

こんにちは、苫米地です。

7月に入り、関東地方では暑い日が続いているようですが、八戸はまだ夏という季節感はありません。

さて、当クリニックでは毎年、八戸市内の中学生対象の「いのちをはぐくむアドバイザー事業」の一貫として、赤ちゃんの沐浴体験実習を行っています。また、中高生の職業体験「グッジョブ事業」でも多くの生徒たちが当院を訪れ、色んなことを学んでいきます。

この生徒たちに限らず、現在の少子高齢化社会において、赤ちゃんと触れ合う機会は少なくなっているようです。当クリニックでの沐浴体験実習の感想としては、「赤ちゃんが可愛いかった」というものがほとんどです。

しかし、実際の育児は可愛いだけではなく、家族は育児から色んなことを教わり、一緒に成長していくものです。
これからの未来を担う赤ちゃんに出会える喜びを分かち合い、一緒により良い社会を目指していきましょう。

コチラの記事もおすすめ

最近の風疹情報 - 2013.10.5