院長より

被災地の復興を心から願って - 2012.03.01


2012年03月01日

こんにちは、苫米地です。

平成23年3月11日午後2時46分、東日本大震災が、青森、岩手、宮城、福島県を中心に大被害を与えました。
そして6月には台風1、2号が本土上陸、その後日本列島は猛暑に襲われ、また9月に入って台風12、15号と農村部・都市部に大打撃を与えました。
台風は9月22日夜半から予想もつかない暴風雨となり、馬淵川は氾濫し三戸町周辺の大洪水を招きました。

東日本大震災時は、当クリニックでも丸1日以上電気が使用不能となり、苦労したことを思い出します。あれから早いもので、もう一年が経とうとしています。

私達はあの震災で図らずもたくさんのことを教えられ、考えさせられました。
そして当クリニックでも震災後、自家発電機の設置や災害用物品の備蓄を行いました。

このような災害による大惨事が二度と起こらないことと、被災地の早い復興を心から願ってやみません。

コチラの記事もおすすめ

桜の季節  - 2013.4.1