院長より

『アメリカへ』


2017年10月23日

 皆さん、御無沙汰しているうちに季節は春から夏、そして秋へと移行しだいぶ寒くなってきましたが、元気に毎日お過ごしでしょうか。

 

 平成29年10月5日で、当クリニックは開業してから26年が経ちました。

40歳でアメリカ留学してから30年が過ぎ、古希を節目に5年ぶりにアメリカへ行ってきました。

 

 6泊8日の日程での旅は、ミネソタ州・ワシントンDC・ニューヨークを巡りました。

ミネソタ州はミシシッピ川の源流にあたり、河川を挟んで二大都市、州都セントポール市とミネアポリス市があり、両市とも河川を挟んで東西に隣接しているためツインズシティ(双子都市)と呼ばれているそうです。

小生の留学時のボス(Scott博士)が避暑地にしていました。

見どころは、川下りなどが出来ます。

 

 ワシントンDCでは、友人宅に宿泊しました。

そこはジョージ・ワシントン初代大統領の過ごしたマウントバール農園の近くで、東にポトマック州・西にバージニア州の森林があり当時の生活様式を見るとこができます。

 大体アメリカの一家屋のスペースは約200坪位であるとのことで、昔日本人の住居が「rabbit hutch(うさぎ小屋)」と形容された日本の住宅事情とは大違いのようです。

 友人宅の庭には、早朝にリスや鹿が散歩に来ますし夜はコヨーテの鳴き声も聞こえる自然豊かな場所でした。

 

 ニューヨークにも立ち寄りました。

ニューヨークと言えば今話題の「トランプタワー」が5番街、東56~57通りにあります。

その建物のすぐ隣には「ティファニー本社」があり、つい最近業績不振により社長交替した模様です。

理由は、この辺の警備が厳重で一区間に限っては身分証明書がなり限り入場することすら出来ないことと、普段から交通マヒで有名ということも加わり、繁雑さを増しているようでした。

 

 いずれの地に行きましても、「日本は北朝鮮をどう思うか?」の質問攻めでした。

しかしながらアメリカは今、トランプ大統領の言動で振り回されている現状の様です。

コチラの記事もおすすめ

新年を迎えて  - 2013.1.1
『アメリカへ』 - 2017.10.23