エッセイ

古きよきもの


2012年05月07日

古きよきもの-2012.05.07

何十年前でしょうか?

誰が着たのか解らないアンティークの着物や帯、羽織。色、柄などアンティーク特有の雰囲気をかもし出しています。記事があまり無い時代に色彩や柄のコントラストを考えながら作られた襦袢! 今で言うパッチワークの先駆けではないでしょうか。
センスの良さにただただ脱帽です。
古きよきもの-2012.05.07
しかし、古いので捨てようかどうしようか悩んだ末、クリニックのサロンの入口に間接照明コーナーにタペストリーとして飾ろうと思い処分せず、又、保管しておくことに決定笑顔2

今回の蔵の整理では、時代背景や色々な先人の知恵を感じ取ることができ、みのりある体験でした。

“古きよきもの、素晴らしきもの、私達は若い人達に伝えよう!!”


古きよきもの-2012.05.07

コチラの記事もおすすめ

おふくろの味 - 2015.6.29
いろんな秋 - 2011.9.9
『お花たち』 - 2017.11.20
『産屋』 - 2015.4.27