エッセイ

『令和初のマナー講座』


2019年07月08日

 いつから始まったのでしょうか?

当クリニック恒例の“マナー講座”を今年も6月29日(土)に開催致しました。

 始めた頃はずっといろいろなマナーに関する事、例えば言葉使いや立ち振る舞いや歩き方、敬語等の使い方や本当に多くの事を学びました。

 だんだん回数を重ねるうちに変化を求める(私だけかな?!)様になり、“印象の良いメイクとヘア”と題して知り合いの方に講師をお願いして行ったこともあります。

 令和初という事もあり、まったくマナーとは関連の無い“山と脳みそ”という演題で「はちのへ西脳神経クリニック」院長の真鍋宏先生にお話しをして頂きました。

 先生は、高校時代から山岳部で山はもうプロ!!6000mや7000m級の世界の山を登っているスライドを見た時にはビックリ(@_@。

ジョージ・マロニーが「なぜ、あなたはエベレストに登りたいのか?」と問われて「そこにエベレストがあるから登る」と、答えた逸話は有名ですが、日本語では「そこに山があるから」と意訳され流布している!ふと、その言葉が私の脳裏をよぎりました。

 

 生と死、表裏一体をなす挑戦は凄いとしか言いようがないと私は思いました。

自分が先日階上岳に登り、何も考えずにただ・ただ無になり頂上を目指す!その思いは750mも7000mも同じなんだと共感し、真鍋先生のお話に釘付けになりました。

 もちろん、スタッフのみんなも同様の姿勢で、次の日も面白かったというか普段見れない山の写真や、登る風景、そして脳の手術のスライドや運動の強さと量・カロリーとエクササイズの関係、そして消費エネルギーの計算式等々も興味深かったと、余韻を残し話題に登っていました。

 スタッフ、一人一人が自分磨きのヒントを得たはずだと思っています。

宏先生のまったく違う二つの分野のコラボで、十分楽しませて頂け、食事会でも皆のお腹が頂上まで満たされた様でした(^o^)

 

 最後に、人生の下山もスムーズに行くように、今から心掛けて自分に少しでも負荷をかけてみようではありませんか!!

 

コチラの記事もおすすめ

睡眠の習慣づけ - 2012.2.17
おいしい紅茶 - 2014.5.24
『東京へ』 - 2016.1.18
『春』 - 2019.4.8