エッセイ

『ようこそ北国へ』


2019年05月13日

 クリニックの外来の廊下に藤城清治さんの版画が飾ってあります。

え1

 その藤城先生にお会い出来たのは、4月27日(土)盛岡の川徳デパートの展覧会にお越しくださった時でした。

大勢のお客様の中で、一生懸命サイン会のため筆を執る先生は2週間前に御年95歳になったばかり!!

 精力的な活動ぶりはとても95歳には見えませんでした。

腰の調子が悪かった様ですが、この日は杖も使わずにゆっくりと歩いておられ、手先を使っているせいか認知症なんかどこ吹く風!?の様なお元気なお姿でした。

 

 前回はいつだったか忘れましたが、今回は沢山の大中小種々の作品をお持ち頂き、見応えがあり行って良かったと思いました。

 そして、サイン会100名の一番最後だったので少しですが先生と娘さんともお話が出来、それはそれで光栄というか・・・嬉しいの一言に尽きます。

 

 どの作品も暖かさと優しさがそこはかとなくあり、かつ繊細な線や技法が見る人の心を魅了するのでしょう!

 

 藤城先生、まだまだお元気でご活躍ください。しかしながら、無理は禁物ですね。。。

またお会い出来る事を楽しみにしております

コチラの記事もおすすめ

最近感じた事。 - 2015.3.16
新し物好き♡ - 2015.5.25