エッセイ

『有意義なひととき』


2018年10月01日

 先日、気分転換に南郷の「山の学校」へ行って来ました。

え2   え3

 まず、出発前におはぎを作って。。。

その後、ひまわり畑を見に

え5   え6

『あなたに見せたい1本! “土根性ひまわり”』が20本ほど出迎えてくれて嬉しい

 皆さんは知っていると思いますが、東日本大震災があった2011年に夏塩害に負けずに咲いた1本のひまわり。

それが増えていったそうです。

 たくましく根付き、一面に咲いたひまわりを見るたびに、あの日の事を忘れず、風化させずに色々な面で経験を役立たせていかなければと再確認した一コマでした。

え4

 

 歩いていると、山の学校の前に“二宮金次郎”さんが。。。

思わず懐かしい!!と声を発してしまいましたが・・・・若い皆さんはご存知ですか?

私が幼い頃は小学校の前に銅像があったものです。

背中に薪を背負って、本を読みながら歩いている少年の銅像!!

もし興味があったらスマホで調べてみて下さい。立派な方なのですよ~。

名言も残していて“まさしく”と思う事ばかりです。

現代の歩きスマホではありませんが、昔版ですかね?!内容が大違いですが(笑)

 山の学校の中をず~っと見て歩いているうちに、自分が小学生の時に舞い戻ったような錯覚に陥りました。

超~懐かしい(^o^)

え1

 そこから岐路に着く前に世増ダム周辺の景色を眺め、いい空気をいっぱい吸って南郷の道の駅に立ち寄り、野菜や花を買い求め帰宅しました。

 有意義な数時間を過ごし、とってもいい気分転換になりました。

 

 

コチラの記事もおすすめ

『本との出会い』 - 2018.4.16
まさかの坂~!? - 2015.9.21