エッセイ

『懐かしい味 凍み豆腐』


2018年02月05日

 豆腐を凍らせてまた乾燥させて作る“凍み豆腐”

 

 戦国大名の伊達政宗が兵糧研究の末に開発したという伝統もあるそうですが・・・

私が子供の頃は、八戸ももっと寒く雪も多かった様に記憶しています。

 

 私の母の実家は昔、桐たんすの製造をしていて弟子が数人おり、今思えば食生活も大変だったと思います。

家には味噌蔵があって、味噌玉を作ったり軒には凍み豆腐が縄で編まれて吊るしてあったのを幼いながら覚えています。

 そして、干菜汁(ほしなじる)の味噌汁の中に入っていたり、煮物に入っていたりしていたのもです。

今となっては、手間暇のかかる高級品となっていますが…食べてみると、やはり乾燥の市販の高野豆腐とは全然別物!!やっぱり風味と食感が違いますね!

 栄養的もの良質タンパク質でカルシウム・亜鉛・鉄分など、ミネラルやビタミン類が豊富です。

 道の駅や、たまに八百屋さんに売っていたりするので召し上がってみて下さいね♡

 

 因みに、市販の乾燥の高野豆腐の料理で一番好きなものは『高野豆腐の揚げ煮』です!(^^)!

コチラの記事もおすすめ

『ドライブ』 - 2018.5.7
古きよきもの - 2012.5.7