栄養士より

『脂肪を燃やそう!!』


2017年05月22日

 ダイエットのサプリメントには、いろいろな栄養が含まれていますがL-カルニチン(ビタミンBTとも呼ばれます)もその中の1つで、これは体内の余分な脂肪をエネルギーに変え燃焼させてくれる効果があります。 

 食事の量を減らしても、運動を頑張ってもなかなか効果が見られない人は、L-カルニチン不足かもしれません。

L-カルニチンが不足すると、脂肪酸を効率よくエネルギーとして利用できなくなり、疲れやすい体になったり燃やされなかった脂肪酸が蓄積され太りやすい体質になるのです。

 Lーカルニチンは体内で合成できるのですが、加齢とともに減少するので食べて体内に取り入れましょう。

 

   ≪L-カルニチンの効果≫

・脂肪の燃焼

・疲労感の解消

・免疫力の向上

・記憶力増強や老化防止(アセチルコリンを生成します)

・運動能力向上(乳酸の増加を抑えます)

 

   ≪L-カルニチンを多く含む食品≫

・羊肉・・・ラムよりマトンの方が多く含まれます。

・牛肉・・・肩やロースなど赤身のお肉

・豚肉・・・ヒレやモモ・肩

・鶏肉・・・あまり多く含まれませんが、ささ身や胸肉は良質のたんぱく質で、

    脂肪を燃やすお部屋の筋肉を作ってくれます。

・魚介類・・・赤貝・アオリイカ・アサリ・しじみ・たこなど。

     お魚にはあまり含まれていません。

 

 赤身のお肉や、貝類に多く含まれていますので鉄分の補給にもなりますから貧血予防にもなります。

 また、蛋白質を摂取すると筋肉が作られ、基礎代謝をアップさせてくれますので、太りにくい体質を作ってくれます。

ダイエットなどで、お肉をセーブする方が少なくないと思いますが、お肉も身体にとても大切な栄養が含まれていますから敬遠しないで食べましょうね。

コチラの記事もおすすめ

『風邪予防』 - 2016.12.26