栄養士より

「夏バテ予防の為に」


2016年07月25日

 暑さから、体が疲れ 食欲がなくなる 寝不足になる やる気がなくなってしまう  夏バテ。

冷たい物を食べ過ぎて、内臓が冷やされてしまい消化の働きが悪くなることでも食欲が減退し、夏バテを引き起こす事もあります。

 暑さだけではなく、食べ物も注意しないと夏バテの要因になってしまいます。

夏バテにならないよう、予防できる食べ物を今回は調べてみました。

 

     ≪夏バテ予防・解消によい 食べ物≫

1.ビタミンBを含む食べ物

   ・うなぎ・・・ビタミンB1・B2・カルシウム・鉄・タンパク質などを含む、最適の食材です。

 

   ・豚肉(レバー)・・・ビタミンB1・ナイアシンを多く含み、疲労回復してくれます。

 

   ・青魚・・・ビタミンB群を多く含み、鉄分などミネラルも豊富です。

 

   ・豆類・・・ビタミンB2が多く含まれています。

 

2.ミネラルを多く含む食べ物

   ・海藻類・・・カリウム・ナトリウム・カルシウムが豊富です。

 

   ・野菜・・・ビタミンC・カリウムを多く含みます。

       夏野菜(トマト・なす・きゅうり・ゴーヤなど)が特に多く含んでいます。

 

   ・果物・・・ビタミンC・カリウム・マグネシウムなどを含みます。

       バナナ・メロン・すいか・キウイフルーツにはカリウムやマグネシウム。

       レモン・みかんなどの柑橘類にはクエン酸を含まれ、

       体内の疲労物質を取り除いてくれます。

 

3.香辛料・香味料の効いたもの

   カレー粉・唐辛子・わさび・辛子・などの香辛料などは、胃液の分泌を促し

  食欲を増進してくれます。

   また、酢・梅干しはクエン酸を含んでいます。

   にんにく・生姜は代謝を改善してくれます。

 

4.ネバネバの食べ物

   オクラ・長芋・モロヘイヤ・納豆などには、胃粘液を保護してくれるムチンを

  多く含んでいます。

 

 夏バテになると、どうしても食べれないという方もいらっしゃると思います。

あっさりした食べ物や、果物で少しずつ慣らすようにして体力を保ちましょう。

 火を使うのが暑くて嫌な時は、電子レンジやオーブンを使って暑さ対策をして下さい。

コチラの記事もおすすめ

『ソラレン』 - 2018.5.21
『いろ色な野菜』 - 2017.7.24