栄養士より

「夏野菜」について


2013年08月08日

今年の夏はどうなるのでしょうか?まだ梅雨が明けてませんよね…。
暑すぎるのも嫌ですが、どうか8月は夏らしくなってほしいですね。

妊娠すると、ホルモンの関係で体温調整がうまくいかない為、暑い日はより暑く感じられるようになります。水物やさっぱりしたものばかり口にしたり、クーラーの効いた部屋で長時間過ごしたりしていると、夏バテになり体調を崩しやすくなってしまいます。

夏が旬の野菜には、体の余分な熱を取る働きを持っていますし、また利尿作用もあるので、むくみを予防する働きも持っています。そこで今回は夏野菜の代表を紹介したいと思います。


「夏野菜」について -2013.07.26



<トマト>
100gあたりの成分(トマトMサイズ 2/3個分)

・主な栄養成分・・・
 カロリー     19Kcal
 ビタミンA    45ug
 ビタミンC    15mg
 カリウム     210mg

・効能・・・・・
喉の渇きや、食欲不振を緩和します。身体を冷やし暑さの改善、特にのぼせや目の充血なども改善してくれます。
トマトの赤い色のリコピンは、抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化に高い予防効果を持つことも報告されています。


<きゅうり>
100gあたりの成分(約1本分)

・主な栄養成分・・・
 カロリー     14Kcal
 ビタミンC    14mg
 ビタミンK    34ug
 カリウム     200mg

・効能・・・・・
尿量を増やし、むくみを改善します。口の渇きや、二日酔いにも効果があります。又、ナトリウムをコントロールする働きもある為、血圧の降下や安定にも役立ちます。


<茄子>
100gあたりの成分(長なす約半本)

・主な栄養成分・・・
 カロリー     22Kcal
 ビタミンK    10ug
 葉酸       32ug
 カリウム     220mg

・効能・・・・・
尿量を増やし、むくみを改善します。手足のほてりを取り血行促進の作用もあります。紫色の皮はアントシアニンの一種・ナスニンという色素で、ブルーベリー同様、眼精疲労を和らげたりします。


<とうもろこし>
100gあたりの成分(約1/4本)

・主な栄養成分・・・
 カロリー      92Kcal
 カリウム      290mg
 ビタミンB1    0.15mg
 ビタミンB2    0.1mg
 ビタミンB6    0.14mg
 食物繊維       3g


・効能・・・・・
 野菜と言ってもトウモロコシは穀物のひとつ。
 カロリー・蛋白質・糖質が高め。又、ビタミンB群やミネラル分も含んでいる為、疲労の回復、消化吸収を高め、胆のうの働きを改善します。
 食物繊維も豊富で、便秘の改善にも効果があります。



どの野菜も、一年中手に入るようになりましたが、やはり旬の時期はその素材が持つ「うま味」「栄養価」が一番優れています。お日様をたくさん浴びた野菜を食卓に取り入れ、暑さに負けない身体作りを心掛けて下さい。又、生姜・みょうが・にんにく・こしょう・大葉などは、身体を温める働きを持っています。冷たい物ばかり食べる時は、薬味に使って体温の調整をして下さいね。

コチラの記事もおすすめ

貧血のお話 - 2014.2.15