栄養士より

『春の食べ物・春野菜』


2020年04月20日

 先月は、春の海藻についてでしたが今月は春の野菜で、質の良い栄養をカラダに補給して頂きたいと思い、調べてみました。

 

 春の野菜には、苦みや香りが強く感じられる物が多いですが、カラダの代謝を促してくれる働きやデトックス効果があります。

 春先にお店に並ぶ野菜には「新」と付く野菜が多いです。

新玉ねぎ・新じゃが芋・新ごぼうなどなど。「新」と付く野菜は、収穫してすぐ出荷したり太くなる前に収穫し出荷する物で、とてもみずみずしく柔らかいのが特徴です。

 また、春キャベツ・春人参なども水分を多く含んでいる品種なので、みずみずしさ・甘味・歯ざわりの良い食感を感じられます。

 先に書いた苦みや香りは、山菜に多い特徴があります。

 

 苦みは、食物性アルカロイドという成分で、汗をあまりかかなかった冬の間に溜まった老廃物も排出して新陳代謝を目覚めさせてくれます。

 香りは、テルペン類という成分で血行を良くしてくれたり、抗酸化作用・ストレスを和らげる働きがあります。

 

 今年は、なかなか外出できなかったり制限のある生活になっています。

旬を迎えた食材で、良質の栄養を補給し心と体をデトックスしましょう。よく笑い、よく寝て、しっかり食べて、健康な毎日を過ごしましょう!!

コチラの記事もおすすめ