栄養士より

『年末年始、暴れないでね』


2019年12月22日

 ジングルベルの鈴の音から、年末の鐘と、家族や仲間と美味しい食事や飲み物が食卓に並ぶ時期がやってきました。

 寒くなると、運動量が減りカロリー消費が少なく、さらに代謝が悪くなり、どうしても太りやすい身体になってしまいます。

とは言え、おいしい物・好きな物は食べたいですよね。

では、食べ過ぎを予防するには。。。。。

 

1.空腹過ぎると、早く食べてしまい食べ過ぎになってしまいます。

 食事前に水を飲んだり、低カロリーなヨーグルトやこんにゃくゼリーなど

 少し小腹に入れておいてください。

 

2.野菜・海藻・きのこ類の料理を先に食べましょう。

 量を食べれるように茹でたもののほうがいいでしょう。

 

3.揚物料理に偏らないように。

 フライ・唐揚げには衣がついています。油料理が並び過ぎないよう

 注意して下さい。

 

4.大皿料理になり、自分がどれだけ食べたか分からなくなりやすいので、

 始めに食べる量を決めて取っておきましょう。

 

 最後に、腹八分目です。

お腹いっぱい食べないことが大事です。

ケーキ、おもちを食べたら、その後の食事はおかずだけしっかり食べて、カロリーコントロールして下さい。

年末年始、暴飲暴食に気を付けましょうネ。

コチラの記事もおすすめ

『風邪予防』 - 2016.12.26