栄養士より

『りんご1個は医者いらず』


2019年11月18日

 今年も店頭にリンゴが並び始めましたね。青森のリンゴはまさに日本一おいしいな~と思いながら毎年頂いています。

ヨーロッパのことわざで「一日1個のりんごは医者いらず」という一説があります。

りんごには、どのような栄養が詰まっているのでしょうか?

 

〇アップルペクチン・・・水溶性食物繊維で、腸内の善玉菌を増やし腸の調子を

          整えてくれたり、腸内の有害物質を吸着して体の外に

          出してくれます。

          また、便の水っぽさを固めてくれます。

 

〇りんごポリフェノール・・・強い抗酸化作用があり、老化を防止してくれます。

           紫外線をカットしてくれるので、シミ・ソバカスの生成を

           抑えたり、美白効果があります。

           また、コレステロール値を正常化し血圧の上昇を抑えて

           くれます。

 

〇クエン酸とりんご酸・・・疲労回復の効果があります。

 

 腸を整えてくれる事で、免疫力がアップし便秘が改善される事によって肌の調子も良くなってくれる。

日々の健康に一役かってくれます。

 これらの栄養がたくさん含んでいるのは皮です。よく洗ったりんごを皮ごと食べてこそ効果が得られます。

皮を気にせず食べるには、スティック状にしたり輪切りがお勧めです。

ただし、毎回言うのですが食べ過ぎに注意して!!

おいしい=甘い=果糖!!

糖分の摂り過ぎにならないように。一日に1個まででお願いしますね。

コチラの記事もおすすめ

貧血のお話 - 2014.2.15