栄養士より

「便秘」について


2013年05月31日

苫米地レディースクリニック栄養士
桜前線も先日、最北端の町に到着したというニュースを聞いた途端に、南ではもう梅雨入り。今年は梅雨が早くなりそうで、ヤマセの寒さも気になる時期、6月です。体調を崩さないよう気を付けましょう。

さて、今回は妊婦さんに限らず女性に多い便秘、について少し触れたいと思います。

妊娠中は、子宮に大腸が圧迫されたり、ホルモンの関係で便秘になりやすく、又、頭痛・食欲がなくなることもあります。妊娠初期の方は、つわりが強くなる方もいらっしゃいます。


便通を良くするには

○ 規則正しい食事時間
○ バランスのとれた食事
○ 食物繊維・乳製品の摂取
○ 塩分・甘い物の過剰摂取に注意

などがあります。からだを適度に動かすのも必要ですが、医師の指示を仰いで下さいね。


食物繊維が多く含まれる食品の代表として

・野菜
・海藻類
・こんにゃく
・きのこ類
・果物
・豆類
・穀物


「便秘」について -2013.05.31



野菜では、特に蓮根・竹の子・ごぼうなどの根菜類に多く含まれます。加熱して繊維を柔らかくして食べて下さい。
又、便通に良いからといって、同じ食べ物ばかりをたくさん食べ続けるのも、バランスを崩してしまうので注意しましょう。

食事全体のバランスが取れていなければ、食物繊維の効果がなくなってしまいます。朝・昼・夜と3食、食事を取り一定の時間の排便の習慣をつけるように心掛けましょう。

コチラの記事もおすすめ

便秘のお話 - 2013.10.5