栄養士より

『4月・5月はたけのこ!!』


2019年04月22日

 先月に続きまして、今回も春が旬の食べ物について調べてみました。

店先を見て、大きな筍が目に入りました。近頃は生の筍を春先によく見られるようになりました。

そこで、筍について調べてみました。

 

 筍には食物繊維ぐらいかなと思っていましたが、たくさんの栄養が含まれていました。

まずは、一番多く含まれている上にも書いた食物繊維から。

 

〇食物繊維・・・腸内環境を整える便秘改善や、コレステロールの吸収を抑える

       効果があります。

 

〇ビタミン類

 ビタミンB1・・・疲労回復

 ビタミンB2・・・新陳代謝の促進、脂肪燃焼や細胞の再生に効果があります。

 ビタミンE・・・抗酸化作用があり、老化防止や生活習慣病の予防になります。

 

〇カリウム・・・塩分を体外に排出させ、むくみや高血圧の予防に効果があります。

     また、尿酸値を下げる効果もあります。

 

〇葉酸・・・血液を作る働きを助ける効果があり、貧血や冷え性の予防に

     効果があります。

 

〇アミノ酸

 アスパラギン酸・・・疲労回復の効果があります

 グルタミン酸・・・消化吸収の促進や脂肪吸収を抑える働きがあります

 チロシン・・・筍の節にある白い粒のような塊で、ドーパミンやノルアドレナリン 

      という神経伝達物質の原料となり、脳や神経の働きを活発に

      してストレス緩和やうつの改善の効果に一役かってくれます。

 

 このように、いろいろな栄養が含まれていて、カロリーは100gあたり25㎉と、とても少ないのでダイエットにも良いですね。

ただ、食べ過ぎると食物繊維を多く摂取する事になり、便秘や逆に下痢になってしまう事もあります。

 また、消化不良になり吐気や胸やけを起こしてしまうかも。

アクの強い食べ物ですから、きちんとアク抜きをして食べて下さいね。

 

コチラの記事もおすすめ

『ソラレン』 - 2018.5.21