栄養士より

『土用に食べたい』


2018年07月24日

 今年の土用の丑の日は7月20日でしたが、うなぎを食べスタミナをつけた方が多かったのではないでしょうか。

今年は「土用の丑の日」が2回あるそうで、一の丑は7月20日、二の丑は8月1日だそうです。

 

 土用といえば“うなぎ”が一般的ですが、その他に『う』の付くものを食べると良いと言われています。

 

うなぎ・・・・・ビタミンA・ビタミンB群が豊富です。

       蒲焼半身(150g)で1日に必要なビタミンAがほぼ摂取できます。

 

梅干し・・・・・クエン酸が疲れをとり、食欲を増進してくれます。

       リンゴ酸やコハク酸といった栄養で夏バテ防止もしてくれます。

 

・・・・・・胡瓜(きゅうり)、西瓜(すいか)、南瓜(かぼちゃ)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(にがうり)

      などがあります。

      体の熱をとり、利尿作用でバランスを整えてくれます。

 

うどん・・・・・小麦から作られ体を冷やす作用があります。

       さっぱりとして食べやすく、食が進みます。

 

 その他に、牛肉・馬肉なども夏に不足するタンパク質や鉄分を多く含んでいて、滋養強壮の大事な栄養源です。

 

 「う」が付きませんが、土用餅・土用のしじみ・土用卵などもあります。

暑さが厳しい毎日ですが、こまめに水分補給をして、しっかり食べて夏を乗り切りましょう。

コチラの記事もおすすめ