栄養士より

『母乳の為=貧血予防』


2018年03月24日

 赤ちゃんに欠かせない食事。母乳。

この母乳は白い血液とも言われていて、ママの血液から作られています。

母乳を増やす為には、血液を増やす必要があります。

まず、水分。授乳すると喉が渇くと聞きます。母乳の90%近くが水分となっていますから、水分補給をしていないと母乳の出にも影響してきます。

 こまめな水分補給に心掛けて下さい。

 次に、血液を作る働きを助けてくれる栄養素です。

 

☆タンパク質・・・赤ちゃんの血や骨、筋肉、脳、皮膚、臓器など

           大切な材料です。

           牛肉や豚肉の赤身、鶏の胸肉やささ身。

           かつお、まぐろなどの赤身。

           大豆製品。

           お肉は脂肪が少ない所を選んで下さい。

           乳腺が詰まってしまいます。

 

☆鉄分・・・・・全身に酸素を運ぶ働きがあります。

         レバー・牛肉・豚肉の赤身・かつお・貝類

         ほうれん草・小松菜・大豆製品・ひじき。

 

☆ビタミン・・・・赤ちゃんの発育と精神の安定。

          ビタミンC・・・野菜・果物など

          ビタミンB6・・・にんにく・まぐろ・牛レバー・かつおなど

          ビタミンB12・・・しじみ・赤貝・海苔など

 

 これらの栄養素は、貧血の方にも摂って欲しい栄養素です。

妊娠や出産の後、貧血症になる方もありますので血液を改善する為にも意識してみて下さい。

       

コチラの記事もおすすめ

『風邪予防』 - 2016.12.26
『ソラレン』 - 2018.5.21