栄養士より

『野菜不足を乗り切ろう!!』


2018年01月29日

 この冬、野菜の高騰でなかなかフレッシュ野菜を食卓に並べるのが大変ではありませんか?

ビタミン・食物繊維が不足しがちになりますから、なんとか代替え品で栄養の偏りを防ぎましょう。

 

もやし・・・年中価格が安定しています。

     野菜が高い時の必須アイテム。ビタミンC・食物繊維・カリウム・アスパラギン酸など

     栄養が豊富。特に大豆もやしはカリウムが、ブラックマッペはビタミンCが多いです。

 

豆苗・・・エンドウの若い芽で、ほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜に多く含まれるβーカロテン

     がとても豊富です。

     さらに、ビタミンE・ビタミンK・葉酸・ビタミンCも多く含まれます。

     生食より加熱して使って下さい。(レクチンを分解し無毒化する為)

 

ブロッコリースプラウト・・・ブロッコリーの若い芽で、ビタミンC・βカロテン・カリウム・葉酸・食物繊維

           などが豊富に含まれています。

           また、がん予防効果が期待されるスルフォラファンが含まれていて

           スーパーフードとしても知られています。

           こちらは、トッピングなどに利用し、生で食べて下さい。

 

根菜類・・・今年は、じゃが芋・人参・玉ねぎなどは価格が安定していますから根菜類を使った

      料理で身体を温めて、ビタミンC・βカロテン・食物繊維を補えます。

 

乾物・・・切干大根・引き昆布は水戻しし、水分を切って煮物にするのもいいですが、

    マヨネーズやドレッシングと和えてサラダにすると食感も良く美味しいですよ。

    切干大根はカルシウム・カリウム・ビタミンB1・B2が豊富で、生の大根より

    多く含まれますし、引き昆布にはマグネシウム・リン・鉄分が含まれています。

    ひじきも水で戻して下茹でして、サラダのトッピングにも使えますよ。

 

 その他に、冷凍のブロッコリーやほうれん草、いんげんを使ったりカット野菜を利用してはいかがでしょうか。

 生野菜がどうしても不足し、加熱によるビタミンC不足になりがちだな~と感じたら、果物がビタミンCを補ってくれますよ!

コチラの記事もおすすめ

貧血のお話 - 2014.2.15